菊池市の概要

菊池市の位置【菊池市の位置・地勢】

菊池市は、熊本県北部に位置し、東部は阿蘇市、西部は山鹿市と熊本市(旧植木町)、南部は合志市と大津町、北部は大分県日田地方にそれぞれ接しており、形状は扇形をなしています。

地勢は、北部の八方ヶ岳から東部の阿蘇外輪山の鞍岳まで山岳が連なっており、地域の大半を森林が占めています。

それら山岳からの豊富な水が菊池川本流をはじめとして迫間川、河原川、合志川に流れており、菊池平野を潤し、肥沃な土地を形成しています。

〔豊かな自然と歴史を誇る〕

菊池市は、2005年3月22日に菊池市、菊池郡七城町、旭志村、泗水町が合併してできた「豊かな水と緑、光あふれる田園文化のまち」で、阿蘇の外輪山を源とする菊池川・合志川の恵みによる緑豊かな自然とともに、古い歴史、伝統、文化を誇る都市です。

この地域は、古来、市名に名を残す菊池一族の統治による九州の政治・文化の中心地として栄え、政治・教育・文化面において大きく影響を与えており、現在でも多くの遺跡が各地に残っています。江戸・明治期には農業技術先進地として、また良質な米の集散地である商業都市として発展してきました。

しかしながら、地方分権、少子・高齢化等の大きく変化する社会的潮流の中で行財政基盤を充実強化することにより、多様化・高度化する住民ニーズに対応することが求められ、4市町村が対等な立場で一体となって、まちづくりを進めることとなったものです。

〔地域の特性を生かして〕

菊池市は、豊かな自然を生かした農林業を基幹産業としており、県内一の生産量を誇るシイタケ、菊池米の「きくちのまんま」と「七城のこめ」、「七城メロン」及び「旭志牛」などはブランド化され県内外へ出荷されています。また、多様な消費者ニーズに対応した安全・安心・高品質な農産物により、消費者と生産者の信頼が求められる中、市内各地の物産館や特産品センターでは、新鮮な農産物の直売を通して消費者と生産者のつながりを深める取り組みが好評を得ています。

農林業だけでなく、近年は各地に工業団地を整備し、企業誘致にも力を入れてきました。菊池・森北、林原・蘇崎、川辺・北熊本、富の原・永・住吉・田島の各工業団地には、IT、バイオなどの先端企業を中心に企業立地が進んでいます。

観光は、毎年40万人の観光客が訪れる菊池渓谷や旅情豊かな菊池温泉のほか、各地に桜、コスモス、ホタルなどの四季を彩る自然や菊池一族の歴史と伝統を物語る観光スポット、レジャー施設を有しており、県内外から多くの観光客を集めています。近年は、国際交流の推進による外国人観光客の誘客にも努めてきました。韓国や中国の都市と姉妹・友好都市提携するほか、修学旅行生を中心とした韓国人誘客を進め、外国人観光客の大幅な増加に転じたところです。


【菊池市の市章】

菊池市の市章菊池市の「キ」の文字をモチーフにして、新市の豊かな自然環境のイメージと未来に向かって発展するイメージをデザインし、新市の基本理念を象徴的に表現しています。




【菊池市の「花・木・鳥」】

市の花「きく」

市の木「さくら」

市の鳥「うぐいす」

トップページへ戻る